Make your own free website on Tripod.com

Subject   : HTMLで使われるのタグの基本リスト

カテゴリー  : Home page


 ハイパーテキストマークアップ言語 HTML (Hypertext Markup Language) は、WWW で ブラウズできる形式のドキュメントを作成するための言語です。

HTMLでは、テキストを表示する方法を Webブラウザに示すためにマークアップタグ (markup tags)を 使用します。 HTMLタグは < で始まり、次にタグ名が続き、> で閉じる構成をとります。タグは通常、 ペアになっており、終りのタグはスラッシュ(/)で始まりますが、ペアになっていないタグに 段落タグ<P>などがあります。 HTMLのタグは大文字・小文字の区別はありませんが半角の英数字を使います。

ブラウザによっては一部のタグがサポートされていない場合があります。その場合は、 タグは無視され、文書として扱われることになります。

基本タグ
 ・<HTML>タグと対応する</HTML> タグの間はHTML文書であることの宣言
 ・<HEAD>タグと対応する</HEAD> タグの間は本文には表示されない。
 ・<TITLE>タグ(と対応する</TITLE> タグ)は書類のタイトルを表わす。
 ・<BODY>タグと対応する</BODY> タグの間は本文であることを示す。
 ・<H1> 見出しタグ(対応する</H1>) :数字が大きくなると字は小さくなる。
 ・<P> 段落分けタグ
 ・<BR> 改行タグ
   *HTML文書では、改行は明示的に示さなければならない

他へのリンク

  HTMLの素晴らしい点は他の書類へのリンク(ハイパーテキスト)が可能な点です。
 ブラウザはハイパーテキストリンクを行う事を示す部分を強調し、色を付けたり下線が
引かれています。
    タグは<A>で、アンカー (錨)と呼びます。
 ・<A HREF="link.htm">お薦めリンク先</A>
   同じディレクトリのlink.htmという書類にリンクさせます。
 ・<A HREF="memo/menu.htm">一口メモ</A>
   memoというディレクトリのmenu.htmという書類にリンクさせます。
 ・<A HREF="http://www.syscom.ne.jp/">シスコムホームページ</A>
   URL(Uniform Resource Locator)を記載すれば、世界各国ともリンクできます。
 ・<A HREF="#link">リンクページ</A>
   同じ文書内で指定した場所(見出し:<A NAME="link">)へリンクします。
   ・<A HREF="menu.htm#pc">パソコン</A>
   他の書類の指定した場所(見出し)へリンクします。
 ・<A HREF="tsuda.htm"><IMG SRC="home.gif" ALIGN=LEFT></A>
   画像で他の書類へリンクさせることもできます。
リスト

 ・<UL>タグ(と対応する</UL> タグ)の間一段下がって表示されます。
   <UL>
    <LI> 東京都
    <LI> 神奈川県
    </UL>
 ・<OL>タグ(と対応する</OL> タグ)の間は番号付リストになります。
 ・<DL>タグ(と対応する</DL> タグ)の間に、用語(<DT>)と定義・説明(<DD>)を使う。
    <DL>
<DT>抗アレルギー薬
     <DD>肥満細胞からの化学伝達物質放出を抑制します。
     <DT>抗ヒスタミン薬
     <DD>ヒスタミンの作用を抑える薬です。
</DL>
*リストは入れ子にすることができます。ただし、入れ子は3レベルまでしかできません。

テーブル

 ・<TABLE>(と対応する</TABLE> タグ)の間は表であることを示します。
@ 枠の表示 <TABLE BORDER=n> 枠なし時は<TABLE>とする
A セル間のスペース<TABLE CELLSPACING=n>
B セル内のスペース<TABLE CELLPADDING=n>
C 表の幅 <TABLE WIDTH=n又はn%>
例)<TABLE BORDER=3 CELLSPACING=5 CELLPADDING=10 WIDTH=50%>

 ・<TR>と</TR> タグの間が1行であることを示します。
・<TH>と</TH> タグの間がヘッダであることを示します。
・<TD>と</TD> タグの間が項目の1つのセルであることを示します。

修飾

・<HR>タグは、水平線を 引きます。
@<HR SIZE=5> 区切り線の太さ(ピクセル幅)
A<HR WIDTH=300>区切り線の長さ(ピクセル数または%)
・<CENTER>〜</CENTER>は文字や画像を中央に配置します。
・<P ALIGN=CENTER>これは中央寄せの段落です。</P>
・<PRE>〜</PRE>は固定幅フォントでスペース、改行、タグを有効にしたテキストを
表示します。(配置の指定が面倒くさい時は便利)
・<BLOCKQUOTE>〜</BLOCKQUOTE>は引用文を表し、インデントされて表示されます。

文字

・<FONT> は色と大きさを指定します。
 ・<BASEFONT> は大きさを指定します。
 ・<BIG> は大きな文字
 ・<SMALL> は小さな文字
・<B>〜</B>ボールド(太字)になります。
 ・<I> イタリック
 ・<U> 下線付き
その外にも
・<STRONG>〜</STRONG> 強調
・<EM>〜</EM> 強調:イタリックフォントで表示されます。
・<ADDRESS>〜</ADDRESS> アドレス(通常は電子メールアドレス)
・<KBD>〜</KBD> キーボードからの入力
・<CITE>〜</CITE> 引用(等幅フォント)
・<CODE>〜</CODE> コーディング
・<SAMP>〜</SAMP> サンプル
・<DFN>〜</DFN> 定義:イタリックフォントで表示されます。
などがあります。

コメント

・ <!-- これはコメントです。 -->


[前ページへ戻る] [HOMEへ戻る]