Make your own free website on Tripod.com

Subject   : アレルギー

カテゴリー  : 健康・医療情報


アレルギーとは何でしょう?

 アレルギーとは、大ざっぱに言ってしまえば生体を守るべき免疫反応によって、 逆に全身的、局所的な障害をおこすことです。
 どんな生物にも細菌やウイルスの進入から体を守ったりする働きがあります。 それを”免疫”といいます。これは体の外から入ってきたものを異物と感じて それを排除しようとする反応です。生物(もちろん人も)は絶えず異物の 進入にさらされています。体が異物と接触するたびに免疫が働きます。 しかし、異物の進入の強さ・多さに応じて免疫が反応すればよいのですが、 時として異物に対して必要以上に反応してしまう場合があります。 そして体にとって不快な症状になってしまいます。これを”アレルギー”といいます。
わかりやすい説明は


アレルギーに関するFAQ集

にあります。

一般には大きく4つのメカニズムによってアレルギーが生じると言われています。すなわち、

1. IgEが関与し、反応開始から15分から30分で反応が生じる即時型(I型)アレ ルギー
(一般に、マスコミなどでアレルギーと言う場合にはこの反応を指すこと が多いようです。)

2. IgG、IgMなどの抗体や、細胞に穴をあける補体、その他の細胞等が関与し、 細胞を直接傷害するII型アレルギー。
(要訣性貧血、顆粒球減少症など)

3. 何かの抗原とそれに対する抗体が結合して出来た、免疫複合体が体の各部分 に沈着しさまざまな障害を引き起こすIII型アレルギー
(血清病、SLE、RAなどの 自己免疫疾患など)

4. 抗原とそれを攻撃する免疫細胞との反応によって種々の障害が広がったもの (IV型アレルギー)
(アレルギー性接触性皮膚炎その他)

の4つです。つまり、アレルギー性疾患というのは一般に思われているよりも非 常に広範囲の疾患を含んでいる訳です。

一般にアレルギーと言った場合はI型アレルギーを指します。


[メニューへ戻る]  [HOMEへ戻る]  [前のページに戻る]