Make your own free website on Tripod.com

Subject   : アナフィラキシー・ショック

カテゴリー  : 健康・医療情報


アナフィラキシー・ショック

 食物アレルギーなどにより、唇が紫色にはれたり、ジンマシンが出たり、息が詰まったり するショック症状が現れます。

人によっては、顔全体が赤くはれたり、喘息のような症状がでたりします。

対策としては過度な運動を控えて、過労に注意するとともに、アレルゲンを 避ける必要があります。食物アレルギーがメインですが、クルミ,ピーナツ などのナッツ類、豆腐、小麦、魚、卵、乳製品などが多いようです。 また、花粉や蜂に刺されたときにも起こることがあるそうです。   


[メニューへ戻る]  [HOMEへ戻る]  [前のページに戻る]