Make your own free website on Tripod.com

Subject   : たばこ(喫煙)の健康に及ぼす影響

カテゴリー  : 健康・医療情報


たばこ(喫煙)の健康に及ぼす影響

 たばこの煙の中には約4000種程の化学物質が含まれています。
いちばん有名なのはニコチンで、これは極めて毒性が高く致死量は50〜60mgです。 たばこ1本には20mgのニコチンが含まれており、煙の中には1本に2mg程度含まれます。

 ニコチンは血圧を上昇させ心臓に負担をかけ、脂肪代謝に影響して 動脈硬化を促進します。 また、煙の中の一酸化炭素も動脈の内皮細胞を傷害して、やはり 動脈硬化の促進因子となります。
さらにたばこの煙の中には気管支の線毛細胞の働きを麻痺させてウイルスや 細菌や有害物質を排出しにくくする物質があり、かぜの治りを悪くします。 また、早産・死産・奇形児の発生を増やす物質も存在しますので子孫に対する 深刻な影響も否定できません。

さらに発がん性のある物質を40〜50種も含有しています。また、 様々な病気の原因にもなります。

 詳しくは東海大学名誉教授の五島 雄一郎博士の 喫煙の健康に及ぼす影響について などをご覧ください。


[メニューへ戻る]  [HOMEへ戻る]  [前のページに戻る]